ユーレイルで乗る夜行列車

ユーレイルで乗る夜行列車の旅:乗り換え、運賃、座席・クシェット(簡易寝台車)・スリーパー(寝台車)などの分類を全て掲載しています。夜行列車の予約方法や予約場所もわかります。

ユーレイルパスで夜行列車を使って旅するために必要な情報は、全てここにあります。時刻表、予約料金、写真など、ヨーロッパの全夜行列車のリストをご覧ください。一般座席・クシェット(簡易寝台車)・スリーパー(寝台車)の各施設の説明や、夜行列車を利用するコツと裏技などをご紹介しています。国を選択してご覧ください。

夜行列車は、ユーレイルでの旅でお金や時間を節約する賢い方法です。夜に前の都市を出発して、車内で一晩過ごし、次の日に目を覚ますと次の都市に来ている、または次の国に来ていることさえあります。この数年で多くの夜行列車が廃止されましたが、それでも多くの選択肢がまだ残されており、ヨーロッパ中の多くの都市や国を結んでいます。ユーレイルパスを使って夜行列車で旅行する時には、まず、どの宿泊施設を使いたいのか選択しなければなりません。ほとんどの夜行列車には、一般座席またはリクライニング席、クシェット、スリーパーという 3 種類の異なる等級が用意されています。


一般座席/リクライニング席:

この等級は、必要最低限で最も安い等級です。ほとんどの夜行列車には、日中の路線にも使われる一般車両があります。これらの車両は、6 席(8 席の場合もあり)のコンパートメント、または向かい合わせ方式や飛行機のような方式のオープンなレイアウトの座席で構成されています。多くの列車ではこれらの座席が少しリクライニングできるようになっていますが、一部のコンパートメントの座席ではほぼ完全にリクライニングすることさえ可能なようにできているため、コンパートメントに空きがある場合には横たわることができます。しかしながら、一晩中座席に座った状態でいることを想定しておかなければならず、一般座席での旅はあまり快適とは言えません。

リクライニング席は夜行列車のために特別に作られているため、一般座席よりも快適ですが、このような座席を使う列車はごくわずかです。イギリス、スペイン、フランスなどの国では、このような座席のある列車を見つけるかもしれません。

一般座席やリクライニング席は、2 等席となるのが一般的です。1 等の座席がある夜行列車はごくわずかです。その代わりに、2 等席の区分で 1 等席の車両が使われることがときどきあります。座席の等級は乗降口の所に書いてあります。2 等席用のユーレイルパスでは、(もちろん)2 等席を使うことができます。1 等席に乗りたい時には、2 等席と 1 等席の標準料金の差額を事前に支払うことで、乗せてもらえるのが一般的です。ただし、当サイトではこれをお薦めしていません。お金をかけるなら、クシェットかスリーパーの予約に使う方が良いでしょう。1 等席のユーレイルパスを持っていれば、2 等席も 1 等席も使うことができます。

夜行列車の多くでは、座席予約が必要です。各夜行列車に関する詳細な情報は、夜行列車のリストでご覧いただけます。

コンパートメントに中から鍵をかけることは通常できないため、自分の荷物には特に注意しましょう。貴重品は身体の近くに置いておくようにし(パスポート、チケット、現金などを保管するための小さな袋を用意しましょう)、バックパックやスーツケースは鉄製のケーブルか南京錠を使って荷物棚に固定しておきましょう。

コンパートメントでは、普通は電気を消すことができますが、オープンな座席の多くでは、夜中も明かりは点けっぱなしになるので、アイマスクを用意しましょう(耳栓も推奨します)。また、快適な服(ハーフパンツ、スウェット)を着ていると、さらに快適に夜を過ごせるようになるでしょう。


クシェット(簡易寝台車):

クシェットは一般座席よりも値段が高くなりますが、横になれるため、一般座席よりもずっと快適な選択肢です。典型的なクシェットにはコンパートメントが 9〜10 室あり、片側 3 つずつ、合計 6 つの寝台があります。クシェットのある寝台列車は、ほとんどの場合、4 寝台か 6 寝台のクシェットを選んで予約することができます。4 寝台のクシェットでは、2 つの寝台を使わずに壁にたたんでおくため、より広いスペースを使えます。イタリアの夜行列車には、4 寝台の夜行列車しかありません。ドイツのシティナイトライン(CNL)夜行列車には、5 寝台のクシェットしかありません。6 つ目の寝台は通常折りたたまれており、荷物棚として使うこともできます。

クシェットで旅行する時には、2 等席のユーレイルパスで十分です(1 等席のパスも使えます)が、予約をする必要があります。料金は、およそ 8 ユーロから 40 ユーロで、列車によって異なります。

クシェットの車両には、(特に中央ヨーロッパや西ヨーロッパでは)エアコンが付いている車両が多く、コンセントも用意されています。東ヨーロッパでは、エアコンやコンセントがない古いタイプのクシェット車両が使われるのが一般的です。リネンや毛布は提供されます。一部の夜行列車では、女性専用コンパートメントがあります。コンパートメントは中から鍵をかけることができます。それでも、貴重品(パスポート、チケット、現金)は自分の身体の近くに保管しておくことをお薦めします。


スリーパー(寝台車):

夜行列車の中で最も快適かつ最も値段が高い宿泊施設が、スリーパーと呼ばれる寝台車です。スリーパー車両には、最大 12 室のコンパートメントが用意され、各コンパートメントに 3 つの寝台と洗面台が付いています。クシェットのコンパートメントと同様、寝台はコンパートメントの壁に取り付けられており、必要ない場合には折りたたんでおくことができます。スリーパー車両の中には、ベッドが 1 つや 2 つしかないコンパートメントもあれば、ベッドが 4 つあるコンパートメントもあります。ベッドにはちゃんとしたマットレスが敷かれており、リネンや羽毛ぶとんが提供されます。各コンパートメントの人数によって価格が異なります。最も安い選択肢は「T4」や「T3」(コンパートメントに 4 人または 3 人)と呼ばれ、「ダブル」は 2 人用コンパートメント、「シングル」は 1 人用コンパートメントのことです。スリーパー車両の中には車両の端に共用シャワーが付いているものもあり、「デラックス」コンパートメントには専用のシャワーとトイレが付いています。

スリーパー車両で旅行する際に、ほとんどのルートを T3 やダブルの車両で旅行するのであれば、 2 等席用のパスで十分です。シングルの車両には 1 等席用パスが必要な場合があります。一部ルートでは、デラックスの施設を使うために 1 等席用パスが必要な場合もあります。夜行列車の国別情報の所には、各夜行列車の利用可能な宿泊タイプや必要なチケットの詳しいリストがあります。


検札:

ユーレイルパスで旅行していると、リクライニング席、クシェット、スリーパーなどの座席予約が必要になります。一般座席で旅行する場合でも、予約が必要になることがありますが、夜行列車の多くでは予約なしでそのまま乗れます。運賃を含めた座席予約の詳細は、各夜行列車の詳細情報の所でご確認いただけます。

クシェットやスリーパーの車両に乗る時には、乗務員が乗降口で待機し、チケットを確認するとともに、コンパートメントの場所を教えてくれるのが普通です。夜行列車の出発駅から乗ったら、その後はコンパートメント内でくつろいでいることができます。出発後には、乗務員が戻ってきて、車掌が検札するためにチケットを集めます。チケットは翌朝に返してもらえます。このようにする理由は、途中で車掌が交代(例えば、列車が国境を越えたときには、次の国の国営鉄道会社の車掌が列車の担当になります)してもチケットを再度確認できるようにするためで、こうしないと乗客を夜中に起こさなくてはいけなくなります。一般座席の車両で旅行している場合には、そのまま乗車し、車掌が検札に来るのを待ちましょう。


飲食物:

ほとんどの夜行列車では、スリーパーでの宿泊に基本的な朝食が含まれます。内容とその品質は様々です。コーヒーまたは紅茶とクロワッサンまたはロールパン 1 つだけのこともあれば、コーヒーまたは紅茶、オレンジジュース、クロワッサンまたはロールパン、バター、ジャム、チーズ、ハムなど朝食一式であることもあります。ボトル入りの水は、ほぼ必ずついてきます。

クシェットでの宿泊にはボトル入りの水が含まれることもありますが、朝食が含まれる夜行列車はごくわずかです。

多くの夜行列車では、クシェットやスリーパーの乗務員から飲み物や軽食を買うことができます(2 等席の乗客も利用することができます)。買えるものは国ごとに異なります。ほとんどの列車では、水、コーヒー、紅茶、ビール、ポテトチップス、チョコレートバーなどを買うことができますが、ちゃんとした(火の通った)食べ物を買えるのは特定のルートだけです。国によっては、食堂車が付いている場合もあります。


安全性:

一般的には、基本的な安全対策を怠らなければ、夜行列車での旅行は安全なものです。
パスポート/身分証明書、チケット、現金など、最も大切な貴重品を肌身離さず持っているようにしましょう。また、荷物は鉄製のケーブルや南京錠で荷物棚に固定しておきましょう。クシェットやスリーパーのコンパートメントは中から鍵がかかる場合もあるので、夜中は鍵をかけておくようにしましょう。


コツ:

特に一般座席で旅行する場合には、快適な服を着るようにしましょう。ハーフパンツやパーカーなどが向いています。

クシェットで旅行する時には、日中の服装のままで寝る人が多いですが、私はいつもハーフパンツと T シャツに着替えます。ただし、周りの旅行者を不快にさせないような服装を選んでください。🙂 車両の端にある洗面所やトイレで着替えることができます。

耳栓やアイマスクは一般座席で旅行する場合には必須ですし、クシェットやスリーパーで寝る人にも便利です。夜行列車によっては無料で提供してくれる場合もありますし、スタッフから買える場合もあります。

夜行列車が目的地に到着する時間が早朝になる場合には、その電車に少し長めに乗って、後で目的地まで戻ってはいかがでしょう?こうすることで、睡眠時間を長くすることができますし、街の人が動き出すまで駅の周りにだらだらといる必要がなくなります。
eurail Plus

rail.cc/eurail.com のパートナー リンクから、公式ユーレイルパスをお買い求めくだささい。rail.cc の PLUS 会員になることができます。こちらでご購入いただくと、全情報を無料で提供する rail.cc をご支援いただくことになります。どうぞよろしくお願いいたします!

eurail ここで購入する
HELP

より詳しい質問がありますか?サポートが必要ですか?当サイトの親切な掲示板では、いつでも詳しいサポートを得ることができますので、ご遠慮なくご質問してください。

railcc について: 私たちは本物の旅行者で、みなさんの鉄道の旅に対して、正直で実用的なヒントやコツを提供しています。

rail.cc は、以下のサービスと提携しております。
Deutsche Bahn Logo
Interrail Logo
Eurail Logo
Omio Logo
Trainline Logo
ACPRail Logo
NS Logo
SNCB Logo
Booking.com Logo
China Highlights Logo
12GoAsia Logo
Flixtrain Logo
Inlandsbanan Logo
Nightjet Logo
SJ Logo
RealRussia Logo
Kiwi.com Logo
Airbnb Logo
DJI Logo
Rentalcars Logo

Cookie: railcc ウェブサイトを使うことによって、ユーザーが当サイトの個人情報保護方針に従って Cookie の使用に同意するものとみなされます。Cookie の使用と管理に関するより詳しい情報については、当サイトの Cookie ポリシーの承諾をご覧ください。

top